ネットの補高

収穫間近のエダマメちゃん達がね、全部すっかりまるっと食われておりました。
シカの仕業でゲスね。
もうすぐ食えると思ってたらさ、全部もっていかれましたね。
もうね、農業とはこんなものぞと腹を括っておりましたのでね、前回よりはショックは小さかったけどね、これ以上被害を出さないようにネットを高くした。
そしたらね、その作業を始めて間もなくのこと、現れましたね、シカが。
高さ1mのネットを軽々と飛び越えて、ネギの畝を踏み荒らしながらトマトの畝の前で一時停止。
つぶらな瞳でこっちを見てたから仕返しに見つめ返してあげました。
丸々と肥えた色艶のよろしいニホンジカを初めて目の当たりにしてさ、その悠々とそびえ立つ二本のツノを見ながら、いやー大したものでゲスね、と思いながら、はてどうしたものかと思案を巡らせていたらさ、オレンジに色付き始めたトマトを2つ一気にもぎ取ってさ、食っちまいました。
食ってる時ね、こっちを向いてたんだけどね、まるで悪気は感じられなかったね。
なんての、人間だったらね、「これ、美味いよ。あんたも食べたら。」って言ってんだろうねっていう感じの顔だったね。
あんたも食べたらって言われてもさ、おでが作ったトマトだからね、おでが食って当たり前。
むしろ、なんであんたが食ってんの?って思ったときにね、ふと我に返りました。
んで、エダマメちゃんだけでなくトマトもかや!?ってさ、怒りが湧き上がってね、掴みかかろうとしたけどさ、悠々とそびえ立つ二本のツノが怖かったからね、数メートルあとづさりしてから畝に立てる約2mの杭を悠々とそびえ立つ二本のツノの真ん中をめがけて投げつけましたね。
きっと当たる前に察知して、何かしらのレスポンスが起こるものかと思ってたんだけどね、つぶらな瞳をこちらに向けたままムシャムシャ食い続けてたからね、あれ、逃げねーの?危ないよ。
ってさ、自分で投げつけておきながら心配してあげてるうちに杭がツノに当たって「カラン」と音がしてさ、その音に驚いてやっと攻撃されてることに気がついたご様子でした。
あんたほんとに野生?って思ったね。
驚いたときの顔がね、すげー人間っぽくてさ、こう、なんての、両目を思い切りつぶって「痛てっ!」って感じがすごく出ててね、なんか、悪いことしたなーって思ったんだけどね、犬とか猫より表情があるんだなーって思ったね。
その後ね、さといもと生姜の畝に足跡を付けながらネットを飛び越えて山の中に消えてゆきました。

片面だけ補高したらちょうどお昼になったから、飯を食って昼寝をして、今日中に補高を終わらせようとまた畑に行ったらさ、トマトがね、青いやつまで全部すっかりまるっと食われてた。
シカがまた来て食ったんだ、チキショー!
悪いことしたなーなんて思って損した。
すげー人間っぽいってのも撤回、やつら悪魔でゲス。

これでね、今シーズンの実のなる野菜は全部シカに食われて終了って感じだけどね、しかたねーよな、シカだけに…。
なんてさ、ブルックみてーなシャレ言って世界をイライラさせるつもりは無いけどさ、あと、残るはさといもと生姜とさつまいもの根菜にかけるしか無いね。
トマトが復活できるかどーか?
あ、ネギあった。

しかしね、1m超えてくるとは思わなかった、結構デブってるのに身軽なんだな。
もう補高して2mにしたしさ、あとカラス対策で天井に紐を巡らす予定だからね、余程のアホか感無しか、ケガを覚悟するとこまで切羽詰まった飢餓状態でもなければ侵入は無理でござんしょう。

虫でなければシカでゲスね。
農業ってシビアだなー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント