ビニールタイタイ

この前1mの防獣ネットを2mに補高して、ついでに頭上にもテグスを張り巡らせて大きな鳥が入ってこないようにしてさ、もうね、上からの侵入に対しては万全の警備体制を整えたんだけどね、まあ、テグスを噛み切られるようなことさえ無ければ大丈夫って感じになったんだけどね、まだ、ネットの裾を地面に固定してなかったから農作業の暇をみながら少しずつ進めてきました。
これがね、非常に根気を要する作業になったからね、もうね、暑い中失神しそうになりながらやってたんだけどね、おかげ様をもちまして、本日ようやく、完成に漕ぎ着けることができました。
ほんとにね、農業ってしぶい仕事だよな。
しかしね、これで小動物もネット下からの侵入が不可能となったっぽいです。
一番最初に地面に埋め込んだあぜガードの、土から顔を出してる最上部に、あらかじめ3㎝間隔でドリルで小さい穴をあけてたんだけどね、その穴とネットの裾を結びつける作業だったんだけどさ、ビニールタイタイっていう優れものを某超大型ホームセンターで発見してね、それのおかげでずいぶん作業が捗りました。
ビニールタイタイってね、細い針金をビニールでラミネートしたやつでさ、2、3回キュッキュッと捻ると簡単に固定できるやつでゲス。
最初は30mのビニールタイタイ2巻もあれば間に合うだろうと思ってたんだけどね、最終的に4巻と半分使ってしまったので、総全長約135mも使ってしまった。
我ながら壮大なスケールでゲス。
炎天下の中よく頑張ったな、おで。
これでね、防獣対策はやっとこさ、たぶん万全なものとなりました。
今年はあぜガードのおかげさまをもちまして、まだモグラの被害にはあってないからね、助かっておま。
去年設置した振動でモグラを撃退するやつね、最初は確かに効いてたんだけどさ、モグラもすぐに慣れてしまったようで、しまいには全然効かなくなってさ、むしろその機材を設置したすぐそばに本道を通したりしてたからね、もうね、畝のそばに存在させる意味を失ってしまったからさ、取り外してね、今では畑の外に寝転がっておわす。
しかしさ、電池が驚きの長寿命を発揮しててね、三ヶ月しか持たないはずが、もうすぐ1年と三ヶ月も畑の外で振動を発信し続けておわす。
通常の5倍の長寿命。
人間で言ったら400歳。
きっとね、意味を持たない自由な振動が長寿の秘訣なんだろうね。
どこまで振動し続けるか楽しみです。
まあ、警備体制がたぶん万全な形となりましたので、やっと畝のお手入れに専念できそうでやす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント